開発機器 測定・試験

  • 分析・解析機器
  • 材料・機械試験機器
  • 振動騒音計測装置

分析・解析機器

走査電子顕微鏡(SEM)+EDS

金属、セラミック、プラスチックなどの高倍率の表面観察ができます。

元素(Be~U)分析ができます。

倍率:5~30万倍
2次電子分解能:4.0nm

走査電子顕微鏡(SEM)

フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)+顕微付き

プラスチック、繊維、油脂など有機物材料の特定ができます。

波長範囲:7,800~350cm-1
分解能:0.7cm-1

フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)

料金表を見る

(pdf形式)

材料・機械試験機器

万能試験機

万能試験機:引張、圧縮、曲げ等の静的強度試験ができます。

秤量(6段):20,50,100,200,500,1000KN
・引張試験最大つかみ具間距離:1000mm
 丸棒用つかみ具:φ12~40,φ40~70mm
 平板用つかみ具:0~35,35~70mm
・圧縮試験
 最大圧縮間距離:900mm
・データ出力可能
広島県知事より、コンクリート及び鉄筋の強度についての材料試験機関として認可されています。
・依頼書(コンクリート用鉄筋用)に必要事項を記入の上、 テストピースと伴に持ち込みあるいはテストピースと伴に宅配便にてお送り下さい。

万能試験機

振動試験機

電動型加振機によるサイン波振動試験ができます。

加振周波数:5~1000Hz
最大加振力:13,000N(性能図)
・垂直振動台:500×500mm,100mm間隔M8×P1.25ボルト穴(振動台図面)
・最大搭載質量:100Kg
・データ出力可能

振動試験機

オートグラフ

引張、圧縮およびサイクル試験ができます。

最大秤量:50kN
・試験台幅:580×300mm
・引張ストローク:500mm
・データ出力可能

オートグラフ

恒温恒湿槽(2台)

材料や製品の耐熱性、耐寒性等の信頼性試験ができます。

温度範囲:-40~+120℃
湿度範囲:20~95%RH(at20~80℃)
・室内寸法:1900(W)×2100(H)×2950(D)
・プログラム運転可能
・データ出力可能

恒温恒湿槽

料金表を見る

(pdf形式)

振動騒音計測装置

多チャンネル振動騒音計測装置

入力41チャンネル

・ピックアップの感度入力が不要
・アンプのダイナミックレンジが160dBあり、レンジ調整が不要
・オーバーロード警告、ダブルハンマリング警告やキャンセル機能等多数装備
・時間軸データとFFT(周波数分析)結果の同時記録が可能
・データは各種解析ソフトに対応した出力が可能

多チャンネル振動騒音計測装置

料金表を見る

(pdf形式)